www.lindavalentino.com

カードをショップにおいて決済する場合もれなく感じたことがあると思うのだが、店頭の人が慣れていないことでいったいどの紙をカード利用者の方へ渡して良いのか迷っている時があります。といいますのも、クレジットカードを利用すると、マシンからは複数枚の紙というものが発行されるためこのレシートのどの明細を客の方へ差し出したら良いのか迷ってしまうということがあります。3枚の明細の解説》上記の数枚の使用レシートについては何なのかということの概要は、下記の通りとなります。1お客様に渡す用の利用明細。2お店の控え利用レシート。3カード会社控え用の使用レシート(サインする紙)。通常は必ず利用者に対して渡す明細レシートを渡してくれるはずなのですが、時には、違う利用明細をカード利用者に見間違えて渡してしまったというケースであったり記名をした方のレシートを渡してしまうというなどという事例さえも見受けられます。このパターンはバイトスタッフなどや、それほどカードというものが使われるケースの少ない店舗の会計においてクレカを使用する際、このような担当者の動揺というものが体験できるでしょう。いつかレジ担当者が誤った方の利用レシートを提示してきたときは親切に「これじゃありませんよ」と教育して上げて欲しい。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.lindavalentino.com All Rights Reserved.