www.lindavalentino.com

ついに投資すると時という場合には、何よりも事前準備を横着してはいけません。売買を始める前ならば、相場を合理的に眺める事が出来ます。だがしかし、いっぺん売買の中に飛び込んでしまうと、どうやっても見え方が自己中心的になり状況によっては適切な判断が分からなくなる危険があります。それだけに自分自身の考えが落ち着いている場面で、ちゃんとした事前準備が大切です。この”j事前準備”のためには、最初は自らのストーリー展開を書くことから手をつけます。将来のこの通貨はこうなってああなるから豪ドルを買う(あるいは売る)みたいな自らの物語を描いていきます。次に大切なのは為替チャートをチェックする事です。以前の市場の動きを確認して現時点での相場を確かめます。すると、「今は割りに高い段階だ」とか、そうでなければ「すでに大方の方がエントリーしているから、今さら自分か取引しても遅すぎるな」などと判断できます。言うまでも無くもう売り(または買い)するが遅すぎるなと考えたならばエントリーしないで、この状況では割り切ることが不可欠です。どう工夫してもあなたの脚本を譲らずに強引に売買すると、外国為替相場に押し返されてしまいそれどころか損失を被ることになりかねない。もっとも多くの場合では、準備が整った自らのシナリオを思い描いていると売り(または買い)が遅いなというケースにはならないと思います。大方、具体的に市場が動き出す前のはずだから。続いては、とりあえずは自らが売り買いしようとする外貨の変動をしっかり把握する事が不可欠です。仮に円安になると予想するシナリオを描いたのであれば該当する通貨の上下動に用心しておきます。相場の上下動をチェックし始めた状況ではまだまだ該当の通貨ははっきりと推移する雰囲気を見せることはなく細かい上下動を繰り返しているだけだろう。しかしながら、その推移をじっと注目しているとある地点で確実に、ドル高へとマーケットが推移し始めます。このチャンスでようやくドル買いの注文をします。緻密に事前準備をしておけば、そのトレードで稼げる割合は割合大きくなります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.lindavalentino.com All Rights Reserved.