www.lindavalentino.com

重量税は日本の自動車や輸入車というような自動車の生産している国やハッチバック、セダンというような自動車の形状も関係なく例えば、ポルシェ、などにも同様に負担をしなくてはいけない税金です。新車登録をする場合、もしくは車検を受ける際に支払う税です。支払金額は対象となる車の重量により決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」は完全に異なる税のため、きちんと学んで間違えないようにしましょう。「自動車重量税とは車の大きさによって」「自動車税という税金は車のリッター数により」その金額が異なります。そして、売却の時の扱われ方違ってきますので注意が必要です。クルマの買い取りのときには既に支払った車の金額がいくらあっても、その税金が返ってくるようなことはないです。一方で、自動車税の時は、既に納めた額を売却額に足してくれるような事例があるものの、重量税に関しては足される場合はなかなかないのです。重量税については手放す際に納付済みの税額があるとはいえ自動車業者にてそのことが配慮されることはほとんどないのです。なのでその次の支払いつまるところ次の車検まで処分を待ち買い取りを依頼するというのが最も良いでしょう。自動車買取時は戻ってこないのが重量税ですが、一定の条件のケースでは返ってくることもあります。この事例というのは車検の効力が残っている愛車を廃車処理するケースです。要は廃車登録をした場合残っている車検期間に応じて重量税が還付されます。ただ車の引き取り時はそのクルマが廃車になるのとは違って戻ってきません。また、売却する車の名義を変更した場合や、盗難された場合も返還してもらうことは不可能です。自動車重量税の残っている期間がある自動車を買い取るというのは車検の効力がまだある車ということになります。その辺りを店側も忖度しますから、重量税が残存していればそれなりに買取額が増えると思います。当然買取額は買取業者によって異なりますが、車検が残っていることを計算に入れてもらえば、売却する車の査定額からみるとそれほど払い損と考えることもありません。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.lindavalentino.com All Rights Reserved.