www.lindavalentino.com

クルマを買い取ってもらう際、売買の時も印鑑証明という書類が必要です。この印鑑証明という書類について解説しましょう。印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印で間違いないことを保証するための正式な書類です。印鑑証明がない場合にはその印鑑が実印として認められていることが証明できません。高額な取引になる自動車の買い取りのため、実印が要ることになりますが、それとセットで印鑑証明というものが要るのです。印鑑証明書を発行するには、印鑑証明の手続きをすることが必要です。書類に登録する印鑑は通称、実印と呼ばれ世界で唯一の印鑑である必要があります。この印鑑を持ってお近くの役場の案内係に行くことで印鑑登録の手続きができます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードなるものが発行され、登録した印鑑は実印として使えるようになったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには市役所などの取次ぎ所へ行き、専用の用紙に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを提示するだけです。そして自動交付機で印鑑証明書を交付する事が可能です。印鑑証明そのものには有効期限はないのです。ですからどれだけ前の印鑑証明であってもその効力は続くことになります。ただクルマ買い取りの際は必須条件として三ヶ月以内に発行された書類である必要があります。ほとんどのケースで有効期限の定めはないですが、自動車の買取のときには、買取先が期限を決めているのでもしも中古車の売却予定の車がある場合は、手放す前に手元に置いておく必要があります。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.lindavalentino.com All Rights Reserved.