www.lindavalentino.com

クルマを手放す時、さらに愛車の買い取りの際も印鑑証明書が必要になってきます。この印鑑証明というものに関して説明しましょう。印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印であるということを保証するための公式な書類です。この印鑑証明がないのであれば、その印鑑に関して実印であるという事実が保証できません。個人にとっては相当高額な取引になる自動車の売却なので必然的に実印が必要ですがそれとセットで印鑑証明書が登場します。役所で印鑑証明を実際に発行するためには、印鑑証明の手続きをする必要があります。印鑑証明に登録する印は正式には実印といい、唯一無二の判子であることが条件です。印鑑を手配して、最寄の役場の取次ぎ所に行くことで印鑑登録できます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードというものを発行してもらえてそのはんこは実印として使えるようになったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには市役所などの窓口へ出向き、専用の書類に必要項目を書いて印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。それから、自動交付機でも印鑑証明を交付してもらうことができます。印鑑証明そのものには有効期限はありません。なので、いつの印鑑証明だとしても印鑑証明としての効力はあるということです。ただ、自動車買い取りの時は必要になるのは3ヶ月以内に交付されたものとされています。ほとんどのケースで期限を定める必要はありませんが、車両の売却の際には買取先が期限を教えてくれるので、買取を予定している場合は手放す前に用意しておくとスムーズに進みます。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.lindavalentino.com All Rights Reserved.