www.lindavalentino.com

自動車の事故があった状態で、自身が交通事故の被害者であったとしても事故を起こした人が過ちをちっとも納得しないケースはかなり存在します。一例として、意思と関係して起したのではなくちょっと気が抜けて相手の自動車を激突したケースで、こういう口論につながってしまう状況がありがちです。とは言って、その場で車のみの「物損」されて時間が経過して症状が現れた際に証拠書類を提出するというのは後手後手に回る感は否定できません。そうであるなら自動車の事故の過失割合はどういう風な判定基準が設定されているのでしょうか?きちんと言えば警察署が認定するのは、主に車の事故の大きな過失が認められるのは関係したドライバーのどちらかということであり、過失割合ではないのです。最終的に決められた責任者が明らかにされる事は事はありません。よって、過失割合は本人たちの相談の結果で決定された、それが自動車事故の賠償の算定基準になる訳です。この際に、共に車の任意保険に加入していない時には、本人同士がじかに交渉します。しかしながら、当たり前ですがこういう協議では、感情的なやり取りになるケースが存在します。お互いの意見に差があれば悪くすると、裁判にまで進みますが、それは大切な時間と訴訟費用計り知れない無駄は避けられません。ですから普通は各々の人についている自動車保険会社、互いの自動車の保険会社に頼む措置を用い、正しい過失の割合を落ち着いて決定させるのです。この時保険会社は、過去の車での事故の裁判によって導きだされた結論から出された判断基準、判断例を基に、仮定と調整を活用して過失の割合を決めます。そうは言っても、交通事故では、不幸にも関わってしまったのか原因となってしまったのかによらず、最初に110番に連絡するのがルールです。その上で、自動車保険会社にやり取りしてこれからの協議を委任するのが手順になります。正しい順序さえ分かっていればお互いの建設的でない話し合いとなる事を未然に防止できます。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.lindavalentino.com All Rights Reserved.